防災・減災豆知識~災害時、避難の前に絶対にやるべきこと

それは、自宅の「ブレーカー」を落とすこと!!

災害が起こった時、停電になってしまう事が多々あります。
非難しなくてはならない時、急いでいてもして頂きたい事が1つあります。

特に地震の時に停電してしまった場合、その時は、電気が通っていないので
電気ストーブなどに服が落ちてきたり、カーテンとくっついていても火事は起こりません。
しかし、電気が復旧すると、勝手に電気ストーブが作動し、服などに引火して火事になってしまう場合が多々あります。
冬だけの問題ではありません。電化製品がショートしたり、季節に関わらず、いつでも起こる可能性はあります。
避難施設から戻ってきたら自宅が火事に…
倒壊しなくて良かったと思っていた家が、電気が復旧して新たな災害を生む危険性があるのです。

そこで
① 家族全員で自宅の「ブレーカー」の場所をチェック!!
② メインのブレーカーを落としましょう!!

小さいブレーカーでなく、矢印の様な一番大きなブレーカーを下にすれば大丈夫!!


災害は突然やってきます。今、すぐにでも確認してください!!!