防災・減災豆知識~家族で決めておく5つのオキテ

いざという時のために家族で話し合いましょう!!

大きな災害が起こる時、家族全員が一緒にいるとは限りません。
お父さんが会社に行っていたり、お母さんが買い物に行っていたり、子どもが学校や塾に行っていたり、
おじいちゃん・おばあちゃんが病院に行っていたり…

それぞれの方法で避難して、その後、災害が落ち着き、いざ家族に会おうとしても会えなくて困ったという話を
東日本大震災の時たくさん聞きました。
そこで、「家族で決めておく5つのオキテ」を紹介します。

① まずは、それぞれが避難しましょう。
自分の身は自分で守る事が大切です。どんな場所にいてもまずは避難しましょう。
当たり前と思っていますが、東日本大震災の時に自宅に誰か残っていないかを確認しに戻って
亡くなった方もたくさんいます。
「この位なら大丈夫でしょ」とタカをくくって逃げなかった人も犠牲になりました。
他の家族はどうしているか電話で確認してから逃げようとするとアクションが遅れてしまいます。
まずは、どんな場所でも「まず逃げる」という事を家族のルールとして決めてください。

② 集合場所を決めておきましょう
家族が別々に避難して、災害が落ち着いた時にどの避難所で集合するか決めておきましょう。
避難所になる場所は、それぞれの地域でいくつか決められています。
災害が起こったら、オキテ①の通り、それぞれがまずは一番近くの避難所に逃げましょう。
そして、安全が確認されたら「我が家はここに集合する」というルールを決めてください。
そして、家族全員で事前に確認する事が良いでしょう。

③ 安否確認の方法を決める
災害時には携帯電話がつながらない事も多々あります。
災害用伝言ダイヤル(171)の使い方や、家族割などで家族全員が同じ携帯会社を使用している場合は
安否情報を登録・確認するサービスがあります(NTTドコモ、au、ソフトバンク、イーモバイル、ウィルコム)
事前に登録して準備をしておきましょう。
さらに、フェイスブックでグループを組んだり、ツイッターなどのSNSなどは
震災時にもつながりやすかったという声も多くありました。
PHS(ウィルコムなど)もPHS同士の規制をしなかったため、震災時につながりやすかったという声も多々ありました。
家族での安否確認する手段を2つ以上決めておき、実際に練習をしておきましょう。

④ 住まいの安全をチェックしましょう
家具の転倒防止用につっぱり棒や減震シートなどで補強済みですか?
自分の家の耐震は大丈夫ですか?自分の家で最も安心な場所はどこか知っていますか?
この2つは すぐにでもチェックしておきたい部分です。
市民住まい向上委員会でも耐震診断を無料で行っていますのでお気軽にご相談ください。

⑤ 避難袋を用意しましょう
非常時に持ち出すものですから、玄間や逃げやすい場所のそばに置いておきましょう。
子どもや高齢者が手が届かない高い所や、分かりにくい所に置いておいては意味がありません。
ほとんどの災害の場合3日目には救援物資が届いているというデータがあります。
中身的には2泊できるための物を目安に考えましょう。

飲料水…飲み水としてだけでなく、傷の洗浄などでも使用できます
非常食…賞味期限などをチェックしておきましょう
懐中電灯…電池も予備で準備しましょう
ラジオ…手巻き充電式のラジオなども便利です
ミニ救急セット…はさみ、ばんそうこう、マスク、消毒液、三角巾、薬など
ポリ袋…寒い時に下に敷いたり、被ったりと色々使えます
ライター…暖を取る時やレトルト食品を温めたりと活用できます
ティッシュ…用をたす時や食事のときなど何かにつけて便利です
軍手…がれきをどかす時などにも使えます
レジャーシート…避難場所の確保にも使えます

ほんの一例ですが参考にしてください。
赤ちゃんがいる家庭、高齢者がいる家庭など家庭によって持ち出さなくてはいけないものは様々です。
しかし、あれもこれも入れすぎて重すぎて運びにくいと、とっさの時に不便になるので、適度な量に収める事も重要です。


いざという時のために、普段から家族の中で確認をしておくことが大切です!!
まずは、5つのオキテを話し合って決めておきましょう!!